家庭用の太陽光発電リース | 太陽光発電のまとめ

menu
HOME » 太陽光発電のまとめ » 家庭用の太陽光発電リース

家庭用の太陽光発電リース

例え家庭用であっても、太陽光発電を購入するにはかなり高額のお金が必要になります。
近年では売電価格も下がっているので、元を取るまでに相当長い期間が必要になるので、導入を見送る人もいるでしょう。
それでも家庭用太陽光発電を導入してみたいという人におすすめなのがリース契約という方法です。
リース契約はレンタルとよく似ているのですが、太陽光発電にレンタルはありません。
よってリース契約を行うようになるのですが、どのようなメリットやデメリットがあるのかを知らない人も多いでしょう。

デメリットは少なくなっており、殆どないと言っても過言ではありません、
それに対してメリットは、レンタルと違ってお得な価格で一定の年数使用できるという点でしょう。
利用する業者によっては複数のパックを設けていることも多く、無料修理保証や初期費用の負担がかなり少なくなるなどがあります。
メンテナンスも業者が行ってくれることが多いですし、太陽光発電によって得られた余った電気は売電を行い、その費用は自分の物になるのです。

料金も月々数千円前後に設定されていることが多いので、それほど大きな負担になるケースは少ないでしょう。
ただし、業者によっては月々数万円になる場合もあるので、できる限り安い料金で利用できるところを利用するのが鉄則です。
もちろん料金だけを見ているようではいけませんので、サービス内容や信用度、技術や知識はどれぐらいあるのかという点にも注目しておきましょう。

ここで重要になるのがリース期間なのですが、通常は10年に設定されていることが多いものの、業者によって異なる場合もあるので、必ず利用前に確認しておかなければいけません。
10年間料金を支払い続けることによって、その後は所有権が利用者に移るというのがリースの最大の特徴でしょう。
所有権が移った後は、メンテナンスなどを自分で行う必要があるのは大変です。
それでも購入すれば最初から自分で行う必要が出てくるので、たいしたデメリットだとは言えません。