家庭用太陽光発電に必要な費用 | 太陽光発電のまとめ

menu
HOME » 太陽光発電のまとめ » 家庭用太陽光発電に必要な費用

家庭用太陽光発電に必要な費用

家庭用の太陽光発電を自宅に導入する場合、気になることがたくさんあると思います。
特に近年は政治家の悪政で生活が苦しくなる家庭が激増しているので、どれぐらいの費用が必要になるのかという点を特に気にする人が多いでしょう。
そこで家庭用太陽光発電に必要な費用を調べてみたいと思いますが、どこの業者に依頼するのか、どの種類の家庭用太陽光発電を導入するのかによっても費用というのは異なってくるのです。
そのため、これだけ必要だと明確に表すことはできません。

ただし平均的な価格を明記することは可能なので、早速見ていきましょう。
太陽光システムの導入価格というのは、1ワット当たりいくらという風に出ているのですが、大体1ワット当たり40万円から50万円ぐらいが相場になっているのです。
しかも相場はその年によっても変わってくるので、必ずしもこの価格で導入できるとは限りません。
あくまで参考程度に覚えておくのがよいでしょう。

太陽光パネルも1枚いくらという計算になるのが一般的です。
大体相場が1枚当たり6万円から8万円ぐらいになっており、家の広さによって異なります。
この他にもパワーコンディショナーや発電モニター、設置架台や配線工事などを行う必要が出てくるので、仮にパネルを20枚設置した場合には、大体総額で120万円から200万円ぐらいかかる計算になるのです。
太陽光パネルの枚数や、どこの業者に依頼するのかによっては、もっと差が大きくなる場合もあるでしょう。

家庭用の太陽光発電であっても、かなり高額な費用がかかることがわかるのですが、それでも導入する理由が存在しているのです。
それは売電と言って、余った余剰電力を電力会社に売ることができるという点と、自治体によっては補助金が出ることです。
ただし、現在では補助金を打ち切っている自治体が多くなっていますし、売電を行う単価もどんどん安くなっているので、導入する家庭は減っています。
それでもいろいろなメリットがあるので、導入したいと考えている人も多いと言えるでしょう。