家庭用太陽光発電の基本 | 太陽光発電のまとめ

menu
HOME » 太陽光発電のまとめ » 家庭用太陽光発電の基本

家庭用太陽光発電の基本

太陽光発電には、家庭用と産業用が存在しているのですが、一般家庭に導入するのであれば、もちろん家庭用になるのは言うまでもないでしょう。
一般的な太陽光発電は家庭用だと言っても過言ではないのですが、やはり基本的なことをしっかりと知っておくことが重要になります。
基本的なことと言ってもたくさんあるのですが、まずはどのように導入するのかを見ていきましょう。

家庭用の太陽光発電の場合、基本的には屋根に設置することになるのですが、広い土地を持っている人の場合には、別の場所に設置することも可能です。
ただし屋根になるのが基本なので、設置場所について尋ねられたら屋根と答えておけば問題はありません。
ここで重要になるのが、太陽光パネルを方角と角度です。
太陽光発電はパネルの方向と角度によってどれだけたくさんの太陽光を取り込めるのかが変わってきます。
そのためには調査を行って、プロに診断をしてもらう必要が出てくるでしょう。
新築を立てるときやリフォームを行う場合などは、屋根に直接取り付けてしまうことも可能です。
当然設置して使えるようにするためには、業者に依頼して工事をしてもらう必要があります。

ここで重要になるのが業者選びです。
業者選びを失敗してしまうと、料金ばかり高く取られて不具合が発生する場合や、きちんと対応してくれないこともあるので注意しましょう。
業者に依頼をする前には、必ず念入りに情報収集をするのが基本です。
無料定期点検や長期保証などを行っている業者が安心なのですが、事前にわかりやすく丁寧に説明をしてくれることも大切になります。

家庭用太陽光発電を導入する場合には、設置が完了するまでの流れを簡単にでもよいので理解しておくことも必要になるでしょう。
まずは販売店に相談をして、問題なければ購入します。
それから工事会社に依頼をして設置を行い、電力会社とも接続契約を行います。
自治体によっては補助金が出る場合もありますし、経済産業局にも申請や報告を受ける必要があるので、このような点も詳しく説明してくれるところに依頼しましょう。