産業用太陽光発電の基本 | 太陽光発電のまとめ

menu
HOME » 太陽光発電のまとめ » 産業用太陽光発電の基本

産業用太陽光発電の基本

産業用太陽光発電というのは、簡単に言えば住宅以外の場所に設置されている種類のことを指します。
他にも電力の買取制度が住宅用とは異なっているので、このような基本的な点だけでも覚えておきましょう。
通常住宅用の太陽光発電では、余剰電力買取制度というのが適用されています。
これは自宅で消費していない分の電力を、業者に買取をしてもらうという方法です。
平成30年度では1キロワットあたり26円、出力制御機器の設置義務がある地域では28円になっています。
売電期間は10年になっているのが一般的です。

これが産業用の太陽光発電になると、余剰電力買取制度ではなく、全量買取制度というのが適用されます。
平成24年から導入された制度なのですが、これも基本的なことなので覚えておきましょう。
買取期間も10年ではなく20年になっています。
ちなみに産業用の場合には10キロワット以上の太陽光発電を指しているので、住宅に使用していなくても10キロワット未満であった場合には、買取価格や調達価格が異なっているので注意しましょう。

産業用太陽光発電は非住宅用になっていることから、学校や役場などの公共施設や、商業施設などの屋上など、いろいろな場所に設置されています。
全量買取制度は住宅以外であれば設置場所の指定なども特にはありません。

さらに設置する面積も基本的な部分だけは覚えておくとよいでしょう。
10キロワットであれば大体200平方メートル、50キロワットであれば大体1000平方キロメートル、100キロワットであれば大体2000平方キロメートルあれば十分です。
もちろんこれ以下であっても設置することは可能ですが、あまり狭いと設置できません。
特に建物の屋上に設置する場合には、正確な設計や現地調査なども行う必要があるので、この点も基本の1つとして覚えておきましょう。

産業用太陽光発電を導入することによって、いろいろなメリットもあります。
税制面で優遇されること、災害時に非常電源として使用できること、多少ではあっても経済効果が期待できることなどがあるのです。